埼玉のアートを楽しむ

蜷川幸雄氏が芸術監督、彩の国さいたま芸術劇場

1994年オープン、香山壽夫氏設計の洗練された外観の劇場です。

© 小川重雄

演劇界の名だたる演出家である蜷川幸雄氏を芸術監督に迎えシェイクスピア全37作品の上演を目指す「彩の国シェイクスピア・シリーズ」のほか、一般公募の55歳以上のみで構成された演劇集団「さいたまゴールド・シアター」、若手演劇集団「さいたまネクスト・シアター」などの取り組みが全国から注目をあつめています。

またコンテンポラリー・ダンスは、世界の最先端の舞台を鑑賞できます。

彩の国さいたま芸術劇場について

名称彩の国さいたま芸術劇場
所在地さいたま市中央区上峰3-15-1
問い合わせ048-858-5500(代)
ウェブサイトhttp://saf.or.jp/arthall/
交通案内JR与野本町駅西口より徒歩7分
駐車場155台(ホール・稽古場利用者のみ)
営業時間9時~19時、公演時間は公演によって異なる
定休日休館日カレンダー(ホームページ)参照
料金会場・公演による

地図

デジタルブック版 SAITAMAアートGUIDE 100×α ARaTaな発見…埼玉のアートに関する新発見をお届け! 埼玉県
ツイナビ・Twitterガイド
SAITAMA アート GUIDE 100×α

埼玉県 県民生活部 文化振興課 文化振興担当

〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1|TEL 048-830-2887|FAX 048-830-4752