埼玉のアートを楽しむ

CAJアーティスト・イン・レジデンス

海外の現代美術家を埼玉へ招き、地域に鑑賞と体験の機会を提供する試みの場。それがコンテンポラリー・アート・ジャパン(CAJ)のアーティスト・イン・レジデンスです。

年に3回、世界から2名の作家を招へい。1か月間、現代美術家の飯島浩二さんと共にレジデンスに住み制作し、県立近代美術館などで展示します。

レジデンスは通常非公開ですが、公開制作日には見学することができます。また夏休み中に開かれる子どもアートワークショップでは、制作を体験し、現代アートをぐっと身近に感じていただけます。

夏休みアートワークショップ風景

CAJアーティスト・イン・レジデンスについて

名称CAJアーティスト・イン・レジデンス
所在地さいたま市西区三橋6-264-2
問い合わせ048-623-1426
ウェブサイトhttp://c-art-japan.com/residence/
交通案内JR大宮駅からバス「三橋6丁目」下車徒歩3分

地図

デジタルブック版 SAITAMAアートGUIDE 100×α ARaTaな発見…埼玉のアートに関する新発見をお届け! 埼玉県
ツイナビ・Twitterガイド
SAITAMA アート GUIDE 100×α

埼玉県 県民生活部 文化振興課 文化振興担当

〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1|TEL 048-830-2887|FAX 048-830-4752