埼玉のアートを楽しむ

町じゅうが役者、小鹿野歌舞伎芝居

小鹿野の歌舞伎芝居は、文化文政期に秩父地方の歌舞伎の祖といわれる初代坂東彦五郎によって、当地域に広められ、明治・大正期には秩父地方の歌舞伎の最盛期を作り上げられました。

しかし、戦後に映画の登場で急速に衰退、伝承途絶の危機に瀕しましたが、昭和48年に「小鹿野歌舞伎保存会」が結成され、町全体で育成し、かけがえのない町の財産として保存・活用するとともに、「歌舞伎のまちづくり」が展開されました。

© 山口清文

現在では、町内6か所で年8回の定期公演が行われています。また、日本各地で行われる公演では、大きな反響があり、小鹿野歌舞伎の名は全国に届いています。

デジタルブック版 SAITAMAアートGUIDE 100×α ARaTaな発見…埼玉のアートに関する新発見をお届け! 埼玉県
ツイナビ・Twitterガイド
SAITAMA アート GUIDE 100×α

埼玉県 県民生活部 文化振興課 文化振興担当

〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1|TEL 048-830-2887|FAX 048-830-4752