SAITAMA アート GUIDE 100×α
11/48

Central area 中央エリア9旧大宮市内・盆栽村の一角に建てられた、2010年開館の世界初の公設盆栽美術館です。旧髙木盆栽美術館のコレクションなどの名品をはじめ、盆器や水石、盆栽関連の絵画や書などの芸術作品や民俗資料等を展示しています。名品、優品をはじめとした盆栽が常時約50点飾られており盆栽の魅力が堪能できます。さいたま市大宮盆栽美術館❶〒331-0804さいたま市北区土呂町2-24-3❷048-780-2091❸JR土呂駅東口から徒歩5分❹39台❺9:00~16:30(11~2月は~16:00)❻㊡木(祝日を除く)・年末年始ほか❼一般300円、高・大学生・65歳以上150円、小・中学生100円(団体20人以上割引あり)10近代漫画の先駆者、「北沢楽天」が晩年暮らした住まいの跡に開館した日本初の公立の漫画美術館です。1階にはアトリエのほか、愛用品・作品・業績などを常設で展示しています。日曜、祝日、夏休み期間には2階の資料室で2500冊の懐かしい漫画本を楽しむことができます。さいたま市立漫画会館❶〒331-0805さいたま市北区盆栽町150❷048-663-1541❸東武野田線大宮公園駅から徒歩5分❹なし❺9:00~16:30❻㊡月(祝日の場合は翌日)・年末年始❼無料大宮浦和南与野土呂大宮公園大和田106789海外の現代美術家を埼玉へ招き、地域に鑑賞と体験の機会を提供する試みの場。それがコンテンポラリー・アート・ジャパン(CAJ)のアーティスト・イン・レジデンスです。年に3回、世界から2名の作家を招へい。1か月間、現代美術家の飯島浩二さんと共にレジデンスに住み制作し、県立近代美術館などで展示します。レジデンスは通常非公開ですが、公開制作日には見学することができます。また夏休み中に開かれる子どもアートワークショップでは、制作を体験し、現代アートをぐっと身近に感じていただけます。ARaTaな発見②▶世界の最新アートを埼玉で体験、CAJ夏休みアートワークショップ風景

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です