SAITAMA アート GUIDE 100×α
18/48

1617中央エリアのアートを楽しむ36グレーの建物と白い板垣の落ち着いた佇まい、白い壁に丁寧に手入れされたアンティークの調度品が美しい店内。「生活を大切に考える、意識のきっかけとなる場を提供したい」というオーナー矢部さんの思いが隅々にまで行き届いた空間です。展示は陶芸家の作品や骨董などの食器が中心、ほか企画展を年に5回程開催しています。奥のカフェスペースでは地元北本産の食材を使ったガレットや、茶釜で沸かしたお湯で淹れたコーヒーが陶芸家の器で提供されるのも楽しみ。やいち❶〒364-0031北本市中央2-64❷048-593-8188❸JR北本駅西口から徒歩1分❹1台(近隣の駐車場30分まで無料)❺11:00~19:00❻㊡月、第1火北本自然観察公園の北側、木立を抜けた先の不思議な住宅。2010年、NPO法人キタミン・ラボ舎によって、空き家からギャラリーへと生まれ変わりました。名前の通り、元は納屋。素朴な建物に現代的な意匠を加え、「北本」をキーワードに出身作家や北本を題材にした作品の企画展・ライブなどのイベントを行っています。現在はイベント時のみの開放ですが、2013年2月より敷地内の母屋にカフェがオープンする予定です。37"Stork"はこうのとり=鴻巣に由来します。「ギャラリーは文化・芸術の発信する場所で、町の顔になると思っています」と、オーナー谷口さん。その言葉どおり、企画展は一貫して近隣在住の作家を支援するというコンセプトに沿ったものです。広い英国風の庭や静かな環境など、郊外のギャラリーならではの魅力にあふれた空間です。38「鴻巣雛」をはじめ、鴻巣の伝統工芸品とその関連資料を展示する資料館です。明治期の蔵を利用した人形制作の再現や、明治~昭和の雛飾り展示は見応えがあります。また国指定無形民俗文化財となっている「赤物(縁起物)」の展示や、日本有数の花の産地らしく美しいオープンガーデンなども見どころです。鴻巣市の観光情報発信拠点です。GALLERY CAFE Stork鴻巣市産業観光館「ひなの里」❶〒365-0037鴻巣市人形4-4-113❷090-1122-9127❸JR鴻巣駅東口から徒歩30分❹15台❺11:00~19:00❻㊡月・火❼音楽イベントはチケット必要❶〒365-0037鴻巣市人形1-4-20❷048-544-1730❸JR鴻巣駅東口から徒歩15分❹約10台❺9:00~17:00❻㊡水・年末年始ほか❼無料ARaTaな発見④▶北本から面白活動を発信、ナヤノギャラリー明治から昭和の雛飾り展示右:ギャラリースペース左上:お湯を沸かす古物の茶釜左下:北本産そば粉のガレット

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です