SAITAMA アート GUIDE 100×α
27/48

West area 西部エリア18会場は比企丘陵の一角を占める東京電機大学鳩山キャンパス。森、丘、池、川、広場など表情豊かな自然があり、各地から集まったアーティストたちがこの里山空間で作品を制作、展示しています。作品の制作期間中には、地域社会の活性化を目的として、アーティスト・市民・学生が交流しています。19東武東上線高坂駅西口から1kmにわたり大小32体の彫刻が並びます。作者は青年期に欧州へ渡り、当時の哲学者や文学者と交流の深かった高田博厚(たかだひろあつ)。多くの作品に作者の短文が添えられていて、モデルとなった人物の印象や作品に関するコメント、彫刻への思いが綴られ、作品を引き立てています。209月~12月の期間だけオープンする、現代アートの企画展で知られるギャラリー。ガラス張りの建物はコンパクトながら目を引きます。県内作家を中心に、1シーズン5~8回程度の企画展を開催しており、その質の高さには定評があります。国際野外の表現展彫刻通りわたなべ画廊❶〒350-0311鳩山町石坂(東京電機大学鳩山キャンパス)❸関越道東松山ICから車で10分、東武東上線高坂駅西口から大学行バス❹あり❺日没まで❻㊡なし❼無料❶東松山市元宿1丁目から西本宿(高坂駅西口駅前通り)❷0493-21-1420(東松山市建設管理課)❸東武東上線高坂駅西口、関越道東松山ICから車で10分❶〒357-0034飯能市東町9-12❷042-973-7615❸JR・西武池袋線東飯能駅西口から徒歩4分、西武池袋線飯能駅北口から徒歩7分❹なし❺11:00~18:00❻㊡水・木(営業は9月~12月)17広島出身の丸木位里(いり)と妻の俊(とし)が、原爆投下直後の広島の惨状を描いた連作「原爆の図」を展示する美術館です。都幾川沿いの豊かな自然に恵まれたこの地は、夫妻のアトリエでもあった場所で創作活動の名残とともに、重厚な作品群と向き合う貴重な機会を与えてくれます。周辺には晩年のアトリエ「流々庵」をはじめ、散策に適した施設が多数あり、「命について考える場でありたい」という館のコンセプトに添った企画展、コンサート等が開催されています。原爆の図丸木美術館❶〒355-0076東松山市下唐子1401❷0493-22-3266❸関越道東松山ICから車で10分❹30台❺9:00~17:00❻㊡月(祝日の場合翌日)・年末年始ほか❼一般900円、中・高校生600円、小学生400円(団体20人以上、60歳以上などは100円引き)、障がい者手帳所持者は半額

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です