SAITAMA アート GUIDE 100×α
28/48

2627西部エリアのアートを楽しむ21日興證券の創業者である遠山元一の生家を利用した記念館で、1万2000点に及ぶコレクションを展示する美術館が併設されています。特筆すべきは近世の日本人形と、織物・染物の豊富さ。なかでも古代アンデスと、古代コプト人の織物・染物の所蔵は国内有数。昭和初期の母屋は、三棟を渡り廊下で繋いだ回遊式の大邸宅で、贅を尽くした造りは見事のひとこと。高度で緻密な木造建築技法や水琴窟の涼しげな音色に出会えます。遠山記念館❶〒350-0128川島町白井沼675❷049-297-0007❸圏央道川島ICから車で8分❹50台❺10:00~16:30❻㊡月(祝日の場合翌日)・年末年始ほか❼一般700円、高・大学生500円、中学生以下無料(団体20人以上は2割引)22白樺派を代表する武者小路実篤の日本画・書・油絵・原稿など約400点を収蔵した美術館。「新しき村」は、実篤の考える自然な暮らし、自他共生を目指した生活のありかたを世に問う実践の場でした。平易な口語表現の短詩と、身近な静物画を組み合わせた作品は、「絵手紙」の元祖といわれています。彼の創作的才能と、今も色あせない明確なビジョンが強い印象を残します。23静かな佇まいを見せる古民家ギャラリー。江戸時代後期に建てられた古民家を「アートを介して過去・現代・未来を見つめる場」に改修してオープン。企画・運営を担当する井上夫妻の情熱と、共感する作家や参加者のネットワークに支えられ、美術、音楽、伝統芸能、舞踊、映画まで、多彩なイベントの発信地として、数々の実績を残しています。新しき村美術館古民家ギャラリー かぐや❶〒350-0445毛呂山町葛貫423❷0492-95-4081❸東武越生線武州長瀬駅から徒歩20分❹5台❺10:00~17:00❻㊡月(祝日の場合開館)・年末年始❼一般200円(団体10人以上は150円)、高校生以下100円❶〒355-0803滑川町福田1560❷090-4830-4026(井上)❸東武東上線森林公園駅北口からバス「観音前」下車徒歩5分、関越道東松山ICから車で10分❹20台❺11:00~18:00❻土・日・祝日のみオープン、冬期は長期休業あり

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です