SAITAMA アート GUIDE 100×α
40/48

3839秩父エリアのアートを楽しむ1「やまとーあーとみゅーじあむ」は、秩父市街を一望できる羊山公園内にある棟方志功とゆかりの作家の作品を収蔵した美術館です。1992年に開館し、志功作品の所蔵数では日本有数を誇ります。出世作の『大和し美し』、代表作『阿呍譜二菩薩釈迦十大弟子』(あうんふにぼさつしゃかじゅうだいでし)などの板画(版画)に加え、倭画(日本画)、書等が多数収められています。熊谷守一、林武、鈴木信太郎等の作品も展示しており、それらを目当てに訪れる人も少なくありません。やまとーあーとみゅーじあむ❶〒368-0023秩父市大宮6175-1(羊山公園内)❷0494-22-8822❸西武鉄道秩父駅・秩父鉄道御花畑駅から徒歩20分❹6台(羊山見晴らしの丘駐車場利用可)❺10:00~16:00❻㊡火(祝日の場合翌日)・冬期休館あり。ホームページ参照❼一般700円、高・大学生500円、小・中学生300円(団体割引10人以上)2郷土作家の作品展示、芸術の創造及び普及の場を提供するために2006年に開館。常設展示室には20点ほどの作品が展示されています。3か月ごとに展示替えを行っているほか、市民の発表の場として利用されています。3天シアター・やまんねは、劇団天末線(てんまつせん)の専用芝居小屋として2011年にオープン。中華食堂を1年かけて全面改装した手作り劇場で、春と秋の2回の定期公演が行われています。劇団天末線は、秩父農工科学高校の演劇部OBと顧問だった若林一男さんによって1985年に結成され、現在までに35回の公演を行ってきました。秩父市芸術文化会館天シアター・やまんね❶〒368-0023秩父市大宮794-6 ❷0494-22-2406❸秩父鉄道秩父駅から徒歩10分❹あり❺9:00~17:00❻㊡月(祝日の場合は翌日)・年末年始❼一般200円、児童・生徒100円❶〒368-0072横瀬町横瀬6371❷090-6158-0675(川田)❸西武秩父線横瀬駅から徒歩20分、事前に連絡があれば送迎可❹あり❺❻❼公演による(公演は完全予約制)こけら落とし公演に向けての練習風景

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です