SAITAMA アート GUIDE 100×α
45/48

◆ドライブコース◆埼玉ゆかりの美術館と足袋蔵のまちを訪ねて4時間 車25km埼玉東部のアートスポットを巡るコース。最後に染色・金工の体験教室かランチを。サトエ記念21世紀美術館⇒ 15分 ⇒ギャラリー野と花 ⇒ 7分 ⇒ほくさい美術館⇒国道125号を経由、古代蓮の里・埼玉古墳群の脇を通って 45分 ⇒高澤記念館 長島記念館と国宝・歓喜院聖天堂2時間20分 車22km熊谷を車で巡るコース。最後に甘味で一息ついて。長島記念館⇒ 50分 ⇒妻沼聖天山歓喜院⇒ 1分 ⇒さわた大福茶屋 ◆文学コース◆「田舎教師」の世界に思いを馳せる1時間20分 車30km田山花袋の「田舎教師」ゆかりの地を巡るコース。羽生市立図書館・郷土資料館⇒ 8分 ⇒建福寺、田舎教師の墓⇒ 20分 ⇒円照寺、「お種さん」のモデルの人物の墓と資料館⇒ 1分 ⇒「田舎教師像前」バス停に弥勒高等小学校跡と田舎教師の像⇒ 10分 利根川松原跡の文学碑⇒ 40分 ⇒「行田印刷所」のモデルとされる今津蔵(今津印刷所旧店舗)⇒ 3分 ⇒水城公園内の文学碑▶羽生市立図書館・郷土資料館(羽生市下羽生948)▶田舎教師の墓(羽生市南1-3-21建福寺)▶お種さん資料館(羽生市弥勒1536 円照寺)▶弥勒高等小学校跡・田舎教師の像、利根川松原跡については羽生市役所(tel:048(561)1121)▶今津蔵については行田市役所《tel:048(556)1111(内線382)》▶水城公園(行田市水城公園1249)埼玉古墳群と万葉歌碑50分 車7.5kmさきたま古墳公園・県立さきたま史跡の博物館⇒ 5分 ⇒前玉神社、「埼玉の津の歌」・「埼玉の小埼の沼の歌」が刻まれている石燈篭。⇒同じ歌が 20分⇒小埼沼(尾崎沼神社)に忍城主・安部正因建立の石塔にも⇒ 25分 ⇒八幡山古墳脇の石碑には埼玉出身の防人とその妻の歌。近くには古代蓮の里も。▶さきたま古墳公園・さきたま史跡の博物館(行田市埼玉4834)▶前玉神社(行田市埼玉5450)▶小埼沼(尾崎沼神社)(行田市埼玉2739)▶八幡山古墳(八幡山公園)(行田市藤原町1-27-1)▶古代蓮の里 (行田市小針2375)宮沢賢治の足跡を訪ねる2時間 車48km宮澤賢治が学生時代に旅した秩父に建つ歌碑を訪ねます。県立自然の博物館近くの虎岩の歌碑⇒ 35分 ⇒おがの化石館の歌碑⇒ 12分 ⇒小鹿野町役場前の歌碑は、小鹿野から投函した友人宛の葉書に詠まれていたもの⇒ 30分 ⇒立ち寄って歌を詠んだ影森の鍾乳洞(橋立鍾乳洞)⇒ 40分 ⇒秩父鉄道野上駅の歌碑、この駅から賢治は帰途につきました。▶県立自然の博物館(長瀞町長瀞1417-1)▶おがの化石館(小鹿野町下小鹿野453)▶小鹿野町役場(小鹿野町小鹿野89 )▶影森の鍾乳洞(橋立鍾乳洞)(秩父市大字上影森675)▶秩父鉄道野上駅(長瀞町大字本野上281-3)棟方志功と秩父ゆかりのアートを楽しむ3時間 車13km秩父のドライブコース。最後はカフェでお茶と読書を。やまとーあーとみゅーじあむ⇒ 10分 ⇒秩父美術館⇒ 25分 ⇒PNB-1253 埼玉県山西省友好記念館とギャラリーを訪ねて3時間 車31km中国山西省の魅力が詰まったスポットと曜日限定ギャラリーを訪ねるコース。PNB-1253 42分 ⇒埼玉県山西省友好記念館⇒木・金・土曜日ならこの後 30分 ⇒れんげ庵⇒ 5分 ⇒木金堂ゆったり螺旋を描く外観が印象的。若手演出家の多田淳之介氏を芸術監督に迎え、また各界で活躍する5名をアソシエイト・アーティストとして共に舞台作品を制作・上演しています。なかでも「あなた自身のためのレッスン」は中心的レパートリー、2012年は初の全国3か所へのツアーも。また、芸術との出会いの場として多彩な市民参加型プログラムが用意されています。音響の良いメインホールは予約でいっぱい、人気のほどを物語っています。徒歩車バス電車休憩お食事ARaTaな発見⑩▶若き芸術監督・多田淳之介氏、富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です