埼玉のアートを楽しむ

伊集院 真理子 陶展(あるぴいの銀花ギャラリー)

2015年01月25日 更新

2015.2.ijyuin.fb1.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊集院 真理子 陶展
2015年2月14日(土)~2月22日(日)
11:00 ~18:00(最終日16:00まで) 2/17火曜休み
作家在廊日2/14・15・22

2015.2.ijyuin.fb2.


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初日14時より 伊集院さんが シアワセの土鍋料理を作ります
楽しい説明を聞きながら ㊙レシピの土鍋料理を味わって下さい

いつも楽しい話とたくさんの笑顔をくれる伊集院さんの目が変わり、筆を持つ手が龍のように空間を支配して動き出す。
工房を訪ねるのは3度目だが、この絵付けの仕事に触れたかった。
筆を置き、何かを持ったかと思うと、再び龍が土鍋に向かう「ジャッ ガリッ ゴリゴリ ジュッ」龍の口には釘があって、先程描いた鉄絵を削り、土鍋に椿の花が咲く。
そんなに強く削って大丈夫なのかと尋ねると「1回焼いてるから」と白化粧をして焼き、絵付けをして焼き、釉を掛けて本焼きと3度も窯に入れて焼成されるそうだ。
ひとりでも、家族や仲間と一緒でも、便利に使える土鍋。
立ち昇る湯気に心 惹かれ、土鍋といえば冬、そう思い込んでいませんか。
炊く、蒸す、煮る、炒めるなど、まずは焜炉周りはお任せあれ。オーブンやトースターでは、グラタンやドリアだって一味変わる。皆様のセンスと想像力でいかようにも、サラダボウル、盛鉢なんてのも楽しい。季節を問わず日々の調理が土鍋を育て、その家庭の鍋になってゆく。
女性作家というわけではないのでしょうが、自ら使い込んで気付き生まれた機能性、シックなデザインからポップなモノまで見た目の楽しさも加わり、調理することや食することが至福の時になるのです。
洗い終わり水切りに伏せる土鍋、黒く煤(すす)も付いて細かなひび割れがいっぱいになった鍋底に愛おしさを感じたら、もう伊集院真理子の土鍋でなく、あなたが育てた土鍋です。

 

ロゴ

 

 

 

330-3835 さいたま市大宮区北袋町 1-130

TEL 048-647-2856

 HP    Blog    facebook 

デジタルブック版 SAITAMAアートGUIDE 100×α ARaTaな発見…埼玉のアートに関する新発見をお届け! 埼玉県
ツイナビ・Twitterガイド
SAITAMA アート GUIDE 100×α

埼玉県 県民生活部 文化振興課 文化振興担当

〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1|TEL 048-830-2887|FAX 048-830-4752