埼玉のアートを楽しむ

ギャラリー&カフェ亜露麻 ~新山王焼~ 横田隆史作陶展

2015年10月26日 更新

ギャラリー亜露麻では本日10月15日(木)~10月31日(土)まで「~新山王焼~ 6代目 横田隆史作陶展」を開催致します。
東松山在住の横田さんが現在お住いの場所は昔「山王」と呼ばれていました。160年前、初代横田彦兵衛がこの地の陶土を使用し焼き物を作り始めたことから「山王焼」という名が付きました。(現在は各地の土を取り寄せて作成しています)
一時はプラスチックの普及により、先代が工房を休止したことがありましたが、横田さんが教員を定年退職した後、それまでの素焼き中心から、釉薬を使用した本焼きを主に作りはじめ、独自の陶芸を目指し制作しています。
陶房名は「冬光」。寒い冬に差す暖かな光のように人々を優しい気持ちにさせる、そんな器を作りたいとの思いが込められています。
花器・茶器他日常使いの食器等100点余りを展示販売致します。
皆様のご来場お待ちしております

デジタルブック版 SAITAMAアートGUIDE 100×α ARaTaな発見…埼玉のアートに関する新発見をお届け! 埼玉県
ツイナビ・Twitterガイド
SAITAMA アート GUIDE 100×α

埼玉県 県民生活部 文化振興課 文化振興担当

〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1|TEL 048-830-2887|FAX 048-830-4752