埼玉のアートを楽しむ

絵馬の世界 坂谷和夫展 

2017年11月23日 更新

11月27日(月)まで 「坂谷和夫展」を開催しております。

東松山在住の坂谷先生。90年以上の歴史を持つ国画会の会員として、現代美術の第一線で活躍されています。

坂谷先生が長きに渡って描き続けている絵馬シリーズの作品の発表です。
馬は古くから神さまへ奉納したり、人々の生活と深く関わってきました。
「日本の風習や文化として絵馬を描くことで、現代で忘れてしまう光景を表現したい。絵馬を日本のポップアートとしての成立を目指したい」と言います。

会場には150号サイズの絵馬(月と遊ぶ)、絵馬(鈍色の空に)をはじめとして、様々な絵馬が、月と星が輝く夜空に舞い、美しく幻想的な世界が広がっています。

願いを込めて飾る絵馬を、現代アート・ポップアートとして見事に成立させた作品約50点の展示販売です。

是非ご覧下さい。お待ちしております。

デジタルブック版 SAITAMAアートGUIDE 100×α ARaTaな発見…埼玉のアートに関する新発見をお届け! 埼玉県
ツイナビ・Twitterガイド
SAITAMA アート GUIDE 100×α

埼玉県 県民生活部 文化振興課 文化振興担当

〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1|TEL 048-830-2887|FAX 048-830-4752