埼玉のアートを楽しむ

企画展「詩人・吉野弘 やさしいまなざし」

2018年09月20日 更新

企画展「詩人・吉野弘 やさしいまなざし」

企画展吉野弘画像

 さいたま文学館では、10月6日(土)から企画展「詩人・吉野弘 やさしいまなざし」を開催します。吉野弘は、結婚式のスピーチに引用される「祝婚歌」や教科書にも掲載された「夕焼け」「I was born」などの作品で知られ、やさしいまなざしの感じられるその言葉は多くの人々に共感や励ましを与えています。

 本企画展では、35年間暮らしていた狭山時代を中心として吉野弘の生涯をたどるとともに、温かい人柄の感じられる自筆原稿や書など通して、その言葉に込められた思いや作品の魅力を紹介します。

 また、関連事業として解説講座や記念講演会、トーク&ライブも開催します。

○会期

平成30年10月6日(土曜日)から11月25日(日曜日)まで

※休館日:月曜日(ただし10月8日は開館)、10月9日(火曜日)、10月23日(火曜日)

会場:さいたま文学館 文学展示室

○開館時間

午前10時から午後5時30分まで(観覧受付は午後5時まで)

○観 覧 料

一般210円 学生・生徒100円

(中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介助の方1名は無料)

○展示構成

(1)吉野弘の生涯

(2)吉野弘の作品世界

(3)狭山での活動
(4)ミニコーナー 吉野弘の好きなもの
(5)ミニコーナー 吉野弘の詩と音楽―歌になった詩、詩から生まれた歌

○関連事業
(1)解説講座「吉野弘の詩の魅力」

日時:平成30年10月13日(土曜日)14時00分~15時30分

場所:文学ホール(定員200名)

講師:当館職員

(2)記念講演会「父を語る」

日時:平成30年10月27日(土曜日)14時00分~15時30分

場所:文学ホール(定員200名)

講師:久保田奈々子氏(吉野弘長女)

(3)トーク&ライブ「吉野弘を歌う・語る」

吉野弘の詩についてのトークや朗読を交えながら、吉野弘作詞の歌やゆかりのある歌などをギターの弾き語りで演奏します。

日時:平成30年11月25日(日曜日)10:00~11:30

場所:文学ホール(定員200名)

出演:La chouette(久保田奈々子氏・宮澤達也氏・ほか)

※(1)(2)(3)のいずれも当館に電話(048-789-1515)でお申し込みください(先着順・参加費無料)。

○その他

会期中、常設展示室内に「吉野弘×梅原万奈 ~詩と挿絵のミニギャラリー~」の特設コーナーを設けます。

企画展吉野弘チラシ(PDF)

 

デジタルブック版 SAITAMAアートGUIDE 100×α ARaTaな発見…埼玉のアートに関する新発見をお届け! 埼玉県
ツイナビ・Twitterガイド
SAITAMA アート GUIDE 100×α

埼玉県 県民生活部 文化振興課 文化振興担当

〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1|TEL 048-830-2887|FAX 048-830-4752